中高年・シニアが求められる市場背景

  独立行政法人労働政策・研究機構(厚生労働省所轄)の推計によると、日本の労働力人口は、2030年には30~59歳の労働力人口は700万人以上が減少することが予測されています。2013年には≪高年齢者雇用安定法≫の改定が行われ、高齢者雇用が社会的にも求められています。今まで企業で活躍してきた中高年・シニアの持つ豊富な経験・知識・人脈を活かすことにより、即戦力としてさまざまな経営課題を解決することが出来ます。
                             

顧問料の相場

顧問料 (非常勤顧問)
シニア顧問    5万円/1回(半日)~
特別顧問       3万円/1回(半日)~
一般顧問       2万円/1回(半日)~
※ 上記のほか、固定給の場合もあるし、双方の話し合いで決まる場合もあります。
※ 顧問業務の内容、役割の重要度と貢献度によって顧問料が変わります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
顧問料 (常勤顧問)
シニア顧問    役員クラスの待遇に相当        特別顧問    毎月40万円~50万円
一般顧問       毎月25万円~40万円

シニア顧問 
    産業業界の功労者または中央省庁・地方自治体OBです。現役時代に培った貴重な経験、技術、人脈をもとに「経営顧問」、「技術顧問」、「海外顧問」などの顧問職として求人企業と顧問契約を締結し、現役でご活躍します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
特別顧問
    各社の考え方に基づいて仕事の内容が定められます。法的に効力を持っていません。社長により委嘱され、会社の特命業務について助言・立案・調査等を担います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
一般顧問
    企業運営(経営陣、社内部門)に対して適切な助言、指導、補佐を行うベテラン経営者・技術職・管理職OBです。勤務形態は非常勤、常勤、隔日勤務があります。ご自身の状況にあわせて複数社の顧問兼任も可能です。


顧問契約

    顧問と企業との間で一定期間・継続的に企業からの業務相談に応じることを約し、これに対して企業が顧問料を支払うことを約する契約(嘱託社員、契約社員)のことです。
短期顧問(1ヶ月~1年)    一つのプロジェクトだけスポットでご用命いただく顧問契約です。
中長期顧問(1年~3年)    日常の企業活動や取引に関して長期にわたって業務を遂行します