初めての方へ

    ようこそ『日本顧問』へ。『日本顧問』は日本全国の幅広い顧問分野の求人情報を中高年・シニア(50~75歳の方)の求職者に電子メールでご案内します。長年にわたり大きな功績を残し、第一線を退いたベテラン経営者や、豊富な実務経験やノウハウを有する技術者、管理職、公務員が企業顧問に就くために全力を傾けてまいります。
                              

顧問とは

    顧問は主に企業・団体または政府から任命され、豊富な経験や専門知識に基づいた実務的な助言や補佐、指導を行う役職の一つです。ブレーン、参与、アドバイザー、参謀、軍師といった別名で呼ばれることもあります。通常は会社の役員ではなく、殆ど部下を持たず、意思決定の権限はありません。会社創業者が第一線を退いた後でも、会社経営に関する相談を受け、助言を与える顧問は一般的に相談役と呼ばれます。
    近年に大企業だけではなく、多くの中小企業・ベンチャー企業も広い範囲の助言やノーハウ、情報、人脈を得るために、外部から相談できる人材を取り入れ、仕組み化しています。
     
 

顧問の特徴

1.顧問は中立性・客観性と独特性がある助言を提供します。
2.人脈の広さ・深さで外部との繋がりを築き、協調を実現します。
3.経営幹部養成・技能研修などの人材育成を推進します。
     
 

やりがいのある仕事

     顧問の業務範囲は非常に広く、会社事業が多岐に渡ると特性も異なります。産業界では自分の力を次世代の企業経営陣・技術陣に伝承していくために、特定分野の専門家として自分の「経験・知識・人脈」を最大限に活かし、企業のお役に立ちます。例えば:
1.異文化対応能力を身に付け、海外進出の鍵を握る人材を育てたい
2.社員全員がやる気になる賃金制度・人事考課制度を確立したい
3.熟練者から若手へ、勘所となる技術をうまく伝えたい